アジアのドキュメンタリストたちが今最も話したい作品を、お披露目。


インドネシア(Wisnu Surya Pratama)、インド(Ishani Dutta)、ネパール(Dipesh Kharel)、ミャンマー(Sein Lyan Tun)から参加!
アジアのドキュメンタリストたちが今最も話したい作品について語り、見てほしい映像をお披露目します。

紛争地カシミールで武器でなく歌を通して抵抗を表明する若者、ジャカルタの橋の下で伝統舞踊を舞うダンサー、日本に渡るネパール人留学生、カレン族少女のレイプ事件…。


TokyoDocsとは?

ドキュメンタリーの国際共同製作を支援するためのイベント。今年は11/5~8に開催、世界中から関係者が集う。
TokyoDocs
hhttp://tokyodocs.jp/


ウィスヌ・スーリア・プラタマ(インドネシア)
Wisnu Surya Pratama (Indonesia)

社会運動から映像界に入り、ドキュメンタリーや短編フィクションなどのディレクターとして、その作品はプサン、ロッテルダム、香港の国際映画祭で上映されている。ウィスヌさんのあだ名はクチン(猫)。 「私はインドネシアの若者が金儲けの場として大都会に誘惑されることについて、また教育が下層階級の家族に及ぼす影響について話したい。」いま手掛けている新作は、ジャカルタの橋の下で踊る伝統舞踊の若いダンサーの話。

Beginning as a film activist, Wisnu has been working as a director for documentary and short fiction, works which have screened at international film festivals in Busan, Rotterdam, and Hong Kong. His nickname is Kucing (cat). “I want to talk about how the young are lured to the big city as the place to get money, and about the effect of education on lower class families in Indonesia.” His next project is the story of a young traditional dancer who dances under a Jakarta bridge.



イシャナ・ダッタ(インド)
Ishani Dutta (India)

ドキュメンタリー制作を始めて20年、これまでジェンダー、環境、児童の問題を取り上げて作品を作ってきた。「社会の周縁に押し出された人たちをめぐるストーリーを探し出し、届けることに意義を感じています。」今回披露する新しいドキュメンタリー企画は、カシミールの音楽について。カシミールの若者たちが石つぶてではなく、歌を通して紛争に対する抵抗を表現しているのだ。

Making documentaries for nearly two decades, Ishani focuses on issues related to gender, environment and children. “I believe in finding and sharing unheard and untold stories about marginalized sections of the society, bringing power to them.” Her new film is about Kashmir music. The youth of Kashmir are protesting through songs and not through stones.



ディぺシュ・カレル(ネパール)
Dipesh Kharel

ノルウェーで映像人類学を学び、その後ネパールの山地コミュニティを対象に数多くのドキュメンタリーを制作し、世界60以上もの国際映画祭で上映、受賞する。2017年には東京大学の博士号(映像・人類学)を取得。2008年より、日本のネパール移民の映像記録とフィールドワークを進め、現在トヨタ財団の助成を受け、日本で急増するベトナムとネパールの留学生移民についての映像人類学的プロジェクトに着手している。

Dipesh studied visual anthropology in Norway, and made many documentaries with mountain communities in Nepal which were awarded and invited to over 60 international film festivals. He obtained his PhD in film and anthropology from the University of Tokyo in 2017. Since 2008 he has been doing fieldwork and filming on Nepali immigrants in Japan. On a Toyota Foundation Grant, his team will conduct an ethnographic film project on Vietnamese and Nepali student immigrants in Japan.



セイン・リアン・トゥン(ミャンマー)
Sein Lyan Tun (Myanmar)

Tokyo Talentsなど若手映像制作者の育成プログラムで培ったネットワーク力を活かしながらドキュメンタリーを作ってきた。ミャンマーの子どもたち、児童労働、教育、人身売買などのテーマが多い。今年のNHK日本賞(教育コンテンツ国際コンクール)で放送文化基金賞(企画部門)を受賞したのは、仏門に帰依する少女が主人公の企画。初の長編劇映画も準備中である。今回は障害を持つカレン族の少女のレイプ事件を扱った『Unsilent Potato』(22分)を上映し、トークする。

Cultivating his networking skills through young filmmaker support programs like Tokyo Talents, Sein has made many documentaries, with themes focusing on Myanmar children, child labor, education, and human trafficking. His project about a young nun was awarded Best Proposal (The Hoso Bunka Foundation Prize) for TV projects at this year’s Japan Prize (international contest for educational media) hosted by NHK. At Docu Memento, he will show and discuss “Unsilent Potato” (22 min), about the rape of a disabled ethnic Karen girl.